衛星放送協会は、協会会員社が提供する有料・多チャンネル放送の啓蒙、普及発展を推進する団体です。

オリジナル番組アワード

オリジナル番組賞 中継番組部門

最優秀賞

WRC世界ラリー選手権2014
パワーステージDAY2 ラリー・モンテカルロ(モナコ)

J SPORTS 1(株式会社ジェイ・スポーツ)

世界のトヨタの社長が、J SPORTSの番組に出る!と言う事実に担当プロデューサーとしては夢を見ているような感覚でした。これまで豊田社長は報道番組に短時間出演されることはあっても、ラリー番組に解説としてというのは日本のみならず世界初!の事でした。

作品紹介

春夏秋冬世界各国を舞台に、WRC世界ラリー選手権は全13戦で争われます。舗装路や未舗装路、スノーラリーといった様々な路面で基本3日間にわたり競われるこのラリーの2014年シーズン第1戦を衛星生中継。モリゾウ選手こと、トヨタ自動車株式会社代表取締役社長の豊田章男氏がスペシャルゲスト解説として緊急生出演。ご自身も国内のラリーに参戦するなど造詣も深いことで知られ、今回の出演となりました。
世界のモータースポーツファンがアツイ視線を注ぐ中、モータースポーツの解説に初チャレンジ。
豊田章男氏のコメントにSNSなどでも注目が集まりました。

【講評】 小宮山 悟 審査員
衛星放送協会第4回オリジナル番組アワード・中継番組部門、最優秀番組賞受賞の、『WRC 世界ラリー選手権 2014 パワーステージDAY2 ラリー・モンテカルロ(モナコ)』にお祝いのコメントを審査員を代表して述べたいと思います。
今までカーレース中継と、さほど違いが感じられないという意見も有った中、サーキットでのレースとは違い、カメラの設置場所も、ともすれば危険を伴う可能性があり、スピード感も含めて、臨場感溢れるものであった事が、非常に良かったと思います。 また、衛星生中継ということで、現地とスタジオのやりとりの難しさであったり、現地のインタビュアーの、走行直後のドライバーへの直撃インタビューなど、日本ではなかなか見る事の出来ないシーンが、ところどころに散りばめられて、良かったと思います。
さらに、スタジオでのやり取り。
解説の国沢光宏さんとの掛け合いも然ることながら、あのTOYOTAの、豊田章男社長をゲスト解説に招き、自らが、レーサーとして大会に臨んでいる時の心境、その他、色々な事を踏まえた上でのコメントが、納得させられるものであり、ナビゲーターの栗田佳織さんの、豊田社長を社長としてでなく、レーサー・モリゾウ選手として、質問を浴びせるところなども面白く、軽妙なやり取りも良かったと思います。
ややもすると、単調な映像だけが流される、レース中継も、色々な工夫で、見ていて飽きないものになったのではないかと思います。
車好き、レース好きには、心地良いエンジン音や、流れる車のシルエットが、見ていて、とても気持ち良いものでした。

奨励賞

THE野球盤L!VE2013
オールスター&お台場合衆国スペシャル

フジテレビONE(株式会社フジテレビジョン)

かつて野球少年の誰もが夢中になった野球盤。その野球盤という舞台で、大人になったかつての野球少年が真剣に戦い、その模様を真剣に伝える。本物のプロ野球中継と同じクオリティで。プロ野球のかつての名選手とプロ野球大好き芸能人が集まり、大人の真剣勝負の生中継。そこにこそ野球の神髄があった。

作品紹介

フジテレビの夏の社屋イベント「お台場合衆国」の屋外ステージで、4時間50分にわたって野球盤のオールスターゲームを、本物のオールスターゲームの直前に、実際のプロ野球中継を務めるフジテレビ実況アナウンサーと、超スペシャルゲスト解説に野村克也氏をお迎えして完全実況生中継でお届けします。WBCの国際映像も制作した技術チームによる、10台の超高感度CCDカメラとクレーンカメラ・スタンダードカメラ合わせて18台、スーパースローVTRによる迫力の映像と、卓越したカメラワーク。実際のプロ野球中継でも使用しているCGやテロップなどを駆使してお届けします。野球大好き芸能人がセとパに別れ、本当にオールスターに出場する選手の名前で戦います。さらにエキシビションマッチとして、元巨人槙原と元阪神岡田による、因縁の「甲子園3連発」のリベンジマッチや、阪急の黄金時代を支えた山田と福本の対決など、球界のゲストも超豪華。

【講評】 小宮山 悟 審査員
衛星放送協会第4回オリジナル番組アワード、中継番組部門において、『THE 野球盤 L!VE 2013オールスター&お台場合衆国スペシャル』の奨励賞の受賞に際して、審査員を代表し、一言、お祝いを申し上げます。
実際の中継班を従えて、『野球盤』での試合中継を真剣にしようという馬鹿馬鹿しさ、最高です。「野球は筋書きのないドラマ」とは言うものの、ドラマティックな試合展開に、ちょっと引き込まれました。良い大人が、熱中するくらい、子供の頃は、嵌っていた遊びも、面白いものなので、決して廃れないということがわかり、ちょっと、喜んでいます。
そして、何より、この馬鹿らしい企画に、野球界の錚々たるメンバーが参加している事に、驚かされました…。何とも言えない、馬鹿らしさとキャスティングのアンバランス…。大変な中継だったと思います。
唯一、苦言を呈するならば、『長い』…。
何はともあれ、おめでとうございます。

エントリー作品一覧

はノミネート作品です

謎解きLIVE 英国式ウイークエンド殺人事件
NHK BSプレミアム

【MUSIC ON! TV 開局15周年記念特番】ファンモン「おまえ達との道 FINAL~in 東京ドーム~」SPECIAL
MUSIC ON! TV(エムオン!)

WRC世界ラリー選手権2014 パワーステージ DAY2 ラリー・モンテカルロ(モナコ)
J SPORTS 1

SPACE SHOWER TV “LIVE with YOU” ~怒髪天~
スペースシャワーTV

麻雀BATTLE ROYAL 生放送スペシャル!
MONDO TV

グランドキャニオン綱渡り生中継
ディスカバリーチャンネル

牙狼 ~闇を照らす者~ファミリー劇場放送開始記念!緊急!魔戒指南2時間生放送SP
ファミリー劇場

THE野球盤L!VE2013オールスター&お台場合衆国スペシャル
フジテレビONE  スポーツ・バラエティ

布袋寅泰 HOTEI LIVE IN LONDON
WOWOWプライム

受賞作品

【オリジナル番組賞】
  • ドラマ番組部門
  • ドキュメンタリー番組部門
  • 中継番組部門
  • バラエティー番組部門
  • 情報教養番組部門
  • アニメ番組部門
  • ミニ番組部門
【オリジナル編成企画賞】
  • 編成企画部門

page top