衛星放送協会は、協会会員社が提供する有料・多チャンネル放送の啓蒙、普及発展を推進する団体です。

TOP > 衛星放送協会について > オリジナル番組アワード > 2015 > オリジナル番組賞 ドキュメンタリー番組部門

オリジナル番組アワード

オリジナル番組賞 ドキュメンタリー番組部門

最優秀賞

ノンフィクションW
萩本欽一 73歳 覚悟の舞台へ
~「THE LAST ほめんな ほれんな とめんな」
完全密着~

WOWOWプライム(株式会社WOWOW)

テレビで一時代を築いたコメディアンが、時代とともに「笑い」の場を舞台に移し、その舞台からも姿を消そうとしています。その貴重な公演を収録・放送し、合わせてドキュメンタリーとしても取材を行うことで、萩本さんのコメディアンとしての覚悟を描きたいと思いました。

作品紹介

東京・浅草でキャリアをスタートさせ、長年にわたり、“日本の笑い”を牽引してきたコメディアン・萩本欽一が、2014年3月の明治座公演をもって、舞台ヘの出演を最後にすると発表した。
公演のタイトルも、文字通り「THE LAST」と銘打たれていた。
ステージを駆け回り、体全体で笑いを生み出し、観客の反応を見て、公演中にも台本を大きく変えていく欽ちゃんの舞台づくりは、非常に体力を消耗する手法であり、舞台を退くことを決めた理由の最たるものも、体力の衰えだった。
「もう自分が目指す笑いに、自分の体がついていかないのよ」と語る欽ちゃん。稽古から最終公演までの120日間。体力を振り絞り、軽演劇の“笑い”にこだわる欽ちゃん、その最後の舞台に密着する。

【講評】 ノンフィクション作家 吉岡 忍
戦後日本のテレビと舞台のコメディー界を長年にわたって牽引してきた萩本欽一。相方の坂上二郎亡きあとも活躍してきた彼も、はや73歳。体力的に厳しい、と舞台公演をやめる決意を固めるときがきた。その最後の舞台に密着し、素顔をとらえようとした意欲作である。
一般に、よく知られた人物のドキュメンタリーは表情や言葉に意外性が少なく、平板になりやすいものだが、萩本の人柄なのか、いい現場と瞬間を選んでいるせいなのか、素の表情がみごとに描かれている。幕が上がるぎりぎりまで台本をいじり、変えてしまうという緊迫感。体の向きひとつで舞台イメージを変えてしまうカンのよさ。舞台裏で苦しげに酸素吸入をし、笑いながら舞台に飛びだしていく健気さ。そういうシーンのひとつひとつがコメディアンとしての萩本欽一のひたむきさを浮き彫りにすると同時に、制作者の人を見る目の確かさを感じさせる。

エントリー作品一覧

はノミネート作品です

松竹創業120周年記念特番~輝かしき120年の歩み~
衛星劇場

グレートトラバース~日本百名山一筆書き踏破~ 第五集 最終回
7800km完全踏破へ! 東北~北海道24座を巡る
NHK BSプレミアム

時代をプロデュースした者たち
第1回「大リーグを超えろ V9巨人・川上哲治監督」
NHK BS1

錦織圭25歳バースデーSP 25時間一挙放送
GAORA SPORTS

大谷翔平スペシャル ~挑み続ける20歳の真実~
BSスカパー(GAORA SPORTS)

ドキュメンタリー ~The REAL~ 2014 ル・マン24時間 3つの情熱・3回の涙
J SPORTS 3

ドキュメンタリー ~The REAL ~
MLB The TANAKA's Day ヤンキース 田中将大 誕生の瞬間
J SPORTS 3

ダカール・ラリー2015 完全ガイド 見た!泣いた!うまかった!
驚愕の14日間の記録
J SPORTS 3

拝啓 白土三平様 ~劇画のカリスマに捧げる僕らの愛~
時代劇専門チャンネル

あなたがヒロイン!~医師・母親・3足のわらじで“絆”を結ぶ相撲部屋のおかみ~
女性チャンネル♪LaLa TV

4Kシリーズ 東京グルメ噺 (#3)
旅チャンネル

NOBU'S JAPAN:北海道の味覚
ディスカバリーチャンネル

鉄道発見伝 鉄兄ちゃん藤田大介アナが行く!
日テレプラス ドラマ・アニメ・スポーツ

ある日本映画史~長門裕之と津川雅彦の場合
日本映画専門チャンネル

元おとこのこ応援バラエティ 「プリティ・ウーMEN」
BSスカパー

ザ・ワールド・ウォーズ~権力者が生きた世界大戦~
ヒストリーチャンネル™

和食ワールドチャレンジ2015
FOODIES TV

国際共同制作プロジェクト 1984
~不朽のSF小説から生まれる過去・現在・未来~
WOWOWプライム

ノンフィクションW アンジェイ・ワイダ 若き映画人たちへ贈る授業
WOWOWプライム

ノンフィクションW 萩本欽一 73歳 覚悟の舞台へ
~「THE LAST ほめんな ほれんな とめんな」完全密着~
WOWOWプライム

受賞作品

  • 大賞
【オリジナル番組賞】
  • ドラマ番組部門
  • ドキュメンタリー番組部門
  • 中継番組部門
  • バラエティー番組部門
  • 情報番組・教養番組部門
  • アニメ番組部門
  • ミニ番組・番組PR部門
  • オリジナル編成企画賞
  • 特別賞

page top