衛星放送協会は、協会会員社が提供する有料・多チャンネル放送の啓蒙、普及発展を推進する団体です。

オリジナル番組アワード

オリジナル番組アワード オリジナル編成企画賞

最優秀賞

追悼 演出家・蜷川幸雄

日本映画専門チャンネル(日本映画放送株式会社)

2016年5月に亡くなった演出家・蜷川幸雄。その日、劇場は静寂に包まれた。対照的に報道は“世界のNINAGAWA 逝去”を連呼した。“世界の”ってなんだよ、ずいぶん乱暴な物言いじゃないか。“蜷川”が“NINAGAWA”になった3作品。奇跡的に現存した映像を放送すべきだと思った。

作品紹介

2016年5月に亡くなった演出家・蜷川幸雄。生涯を通じて数多くの舞台を演出してきたが、“蜷川演出”を象徴する作品は何か、と問われると、おそらく大半の観客が挙げるだろう3作品がある。それは1980年代、蜷川と珠玉の名作を作り、そして去年の10月に亡くなった俳優・平幹二朗の代表作でもある。“世界のNINAGAWA”の出発点『王女メディア』(1984 年)。蜷川演出の代名詞『N INAGAWA マクベス』(1985 年)。1,000 回超の上演となる『近松心中物語~それは恋~』(1981 年)。いまはもう目にすることはできないその伝説の舞台の収録映像が残っているという噂を頼りに、素材探し、権利者、当時の出演者への許諾をゼロから編成企画担当が行っていった。また、制作背景や演出の特徴を、秘蔵映像や関係者インタビューと共に構成したオリジナル番組『蜷川がNINAGAWAになったとき』も制作、放送した。

【審査員講評】 東京中日スポーツ 報道部 宮崎 美紀子
「蜷川幸雄は、いつ世界のNINAGAWAになったのか」。その答えがここにある。「王女メディア」「NINAGAWAマクベス」「近松心中物語~それは恋~」の三本を見れば、特集番組の中で語られている「歌舞伎でもない新劇でも商業演劇でもない、どこにもない」蜷川演劇の真髄がわかる。いずれも1980年代の上演で、主演は平幹二朗。このこだわりが演劇ファンにはたまらない。若手俳優の育成、シェークスピア作品の全作上演など蜷川さんの功績は多岐にわたる。あれこれかき集めることもできただろうが、この3本にこだわったのが潔い。「とにかくこの三本を見ろ」といわんばかりの編成担当者の熱意が伝わってきた。偏愛と呼ぶべきかもしれないが、偏愛こそ有料専門チャンネルの生命線。愛にあふれた、どこにもない蜷川追悼番組を見せてくれた。

エントリー作品一覧

渥美清さん没後20年 “寅さん”特集
NHK BSプレミアム

イマジカBS開局20周年記念企画 史上最大のイーストウッド特集
イマジカBS

MTV Unplugged:Nana Mizuki
BSスカパー、MTV、スカパー4K総合

スターチャンネル30周年特別企画「30 YEARS, 30 MOVIES」
スターチャンネル1 プレミアム

デビュー60周年記念53週連続 アラン・ドロンがいっぱい
スターチャンネル2 セレクト

ヒッチコックが遺したサスペンスの方程式
スターチャンネル2 セレクト

東映アニメーション創立60周年記念特番 栄光の60年! 勝利の方程式
アニマックス

特集:激レア映画、買い付けてきました
ザ・シネマ

日本プロボウリング協会創立50周年記念大会 
男子シニア/ 男子レギュラー/ 女子 全部門放送
スカイA

ヴィラ=ロボス「弦楽四重奏曲全集」
クラシカ・ジャパン

ドキュメンタリー ~ The REAL ~
ドーピングにまつわる機密文書 一挙放送+ 追加取材
J SPORTS 3

《3ヵ月連続》世界に挑む日本人たち~7月は佐渡裕
クラシカ・ジャパン

キングコング対ゴジラ<完全版>4K デジタルリマスター
マルチサイマル放送・上映
日本映画専門チャンネル

究極の「鬼平犯科帳」祭り <お正月三箇日>劇場版、スペシャル版一挙放送!
時代劇専門チャンネル

追悼 演出家・蜷川幸雄
日本映画専門チャンネル

ファミリー劇場× 久慈市 オラたちの「あまちゃん愛」が止まらない!!
ファミリー劇場

第16回 全日本新体操クラブ団体選手権/ジュニア~シニア全出場クラブ放送
スカイA

LPGA ステップアップツアー2016/全18大会・生中継
スカイA

BUZZ GOLF TV /ゴルフフリーマガジン「BUZZ GOLF」誌と連動企画番組
スカイA

【開局20周年SP】2017ワールド ベースボール クラシック(WBC) 
全39試合生中継
J SPORTS 1、2、3、4

受賞作品

【大賞】
  • 大賞
【オリジナル番組賞 最優秀賞】
  • ドラマ番組部門
  • ドキュメンタリー番組部門
  • 中継番組部門
  • バラエティー番組部門
  • 情報番組・教養番組部門
  • アニメ番組部門
  • ミニ番組・番組PR部門
【オリジナル編成企画賞 最優秀賞】
  • オリジナル編成企画賞
【審査委員特別賞】
  • 審査委員特別賞

page top