衛星放送協会は、協会会員社が提供する有料・多チャンネル放送の啓蒙、普及発展を推進する団体です。

オリジナル番組アワード

オリジナル番組アワード 大賞

最優秀賞

大相撲いぶし銀列伝

株式会社フジテレビジョン(フジテレビONE)

「記録に残る大横綱」の脇には必ず、「記憶に残る名力士」の存在があった。マスコミの露出は大横綱の記録に集中しがちだが、大横綱の好敵手となり土俵とお茶の間を沸かせたのは「いぶし銀」と呼ばれた名脇役たちの活躍であった事も忘れてはならない。そんな「いぶし銀」たちの土俵人生を描いた。

作品紹介

かつて「いぶし銀」と呼ばれ、土俵とお茶の間を沸かせた名力士たちの土俵人生を、貴重なアーカイブ映像や最新のインタビューとともに振り返る相撲ファン垂涎の番組。
番組の構成は、やくみつるのナビゲートのもと、「元いぶし銀力士」が現在運営する相撲部屋などでのロケ・インタビュー形式で、「我が心の熱戦10番」を観ながら、現役時代をプレイバックします。
第一話となる今回は、寺尾 常史(てらお つねふみ、1963年2月2日 - )。得意技は突っ張り、押し、いなし、叩き、下手投げ。最高位は東関脇。生涯戦歴860勝938敗、通算敗北938は歴代1位。かつて「鉄人」と呼ばれ、小兵ながら闘志あふれる相撲でファンを魅了し、負けてもなお「あっぱれ」と称賛を受けた“いぶし銀力士”。
アーカイブ映像とマニアック解説、最新インタビューにポップな企画、バランス良い融合を果たし、ファンのみならず誰もが観やすい番組を目指しました。

【講評】 ノンフィクション作家 吉岡 忍
各分野ベスト作品のなかから選んだ極上の作品。見る視点によって何を選ぶかが変わってくるが、やはり大事なのは「人」なのではないだろうか。どれだけ深い彫りの、魅力的な人物を登場させられるか。本作は、いぶし銀の名力士たちに光を当て、彼ら自身に忘れられない取り組みを語らせる、という企画だが、寺尾関の人柄、穏やかな語り口がじつに魅力的だ。それを引き出したやくみつる氏の話術も巧み。ともに自分の言葉を持っている。特に負けた試合を語るとき、いまでも当時の「悔しさ」がにじむようで、寺尾関にしか語り得ない口調。なるほど相撲取りはこのように感じ、考えるのかと納得。相撲ファンはあらためて相撲の見方・見所を教えられた気がするにちがいない。
衛星放送が制作・放送する番組は派手ではないかもしれない。規模の大きさを誇るのでもない。だが、こまやかに知恵を絞り、じっくりと人を探し、慎重にテーマを尖らせ、ていねいに作った作品は、けっして埋もれることはない。本作は、その見本のような作品である。

受賞作品

  • 大賞
【オリジナル番組賞】
  • ドラマ番組部門
  • ドキュメンタリー番組部門
  • 中継番組部門
  • バラエティー番組部門
  • 情報番組・教養番組部門
  • アニメ番組部門
  • ミニ番組・番組PR部門
  • オリジナル編成企画賞

page top