衛星放送協会は、協会会員社が提供する有料・多チャンネル放送の啓蒙、普及発展を推進する団体です。

TOP > 衛星放送協会について > オリジナル番組アワード > 2018 > オリジナル番組賞 ドラマ番組部門

オリジナル番組アワード

オリジナル番組賞 ドラマ番組部門

最優秀賞

三屋清左衛門残日録 三十年ぶりの再会

時代劇専門チャンネル(日本映画放送株式会社)

藤沢周平の傑作長篇小説、3度目の映像化。前2作の大反響に応え、北大路欣也はじめキャスト、スタッフが三度集結。前2作では描けなかったエピソードを厳選、清左衛門が長年の時を経て再会した旧友との思い出や、それぞれの人間模様を、繊細かつ温かい視点で描き出す、もうひとつの「残日録」です。

作品紹介

東北の小藩で用人を務めた三屋清左衛門は、息子に家督を譲り隠居生活を始める。悠々自適な日々を思い描いていたものの、実際には得も知れぬ空白感に襲われる。清左衛門は、それを埋めるべく日記「残日録」を記すことに…。しかし寂寥の日々も束の間、清左衛門のもとには様々な事件が持ち込まれ、その解決に奔走する。親友の町奉行・佐伯熊太をはじめ、息子の嫁・里江や、小料理屋「涌井」の女将・みさたちと関わり、“隠居の身”を実感しながらも、日々の暮らしに真摯に向き合う清左衛門―。そんなある日、かつて通った中根道場の仲間を集めて三十年ぶりの旧交を温める。若かりし頃の話に花が咲き、楽しい一夜を過ごした清左衛門だったが…。

ドラマ番組部門©2018時代劇専門チャンネル/BSフジ/東映 藤沢周平®

【審査委員講評】 鴨下 信一(演出家)
人間、老人になると身体は弱る。物は忘れると悪いことばかりのようだが、そうでもない。実際、昔のことを色鮮やかに思い出したり、だいいち若い時にはなかった智慧、分別がわいてきたりするものだ。力だって、一瞬だったら負けはしない(かもしれない)。残んの色気といういい方だってあるではないか。日本人が長命になって、こうした老人の生きざまを正面から描いた『三屋清左衛門残日録』のような秀作が世に出るようになった。これをドラマ化するのは難しい。まず、ふさわしいキャストを(何人も)集めなければならない。特に老いて、しかも色気の残る年齢の役者を探すのは大変だ。スタッフもこの年齢に理解と共感を持ってなければならない。
それらの条件を満たすのは<奇蹟>のようなものだ。この『三屋清左衛門残日録』にはその奇蹟がぎっしり詰まっている。

受賞作品

【大賞】
  • 大賞
【オリジナル番組賞 最優秀賞】
  • ドラマ番組部門
  • ドキュメンタリー番組部門
  • 中継番組部門
  • バラエティー番組部門
  • 教養番組部門
  • アニメ番組部門
  • ミニ番組部門
【オリジナル編成企画賞 最優秀賞】
  • オリジナル編成企画賞
【審査委員特別賞】
  • 審査委員特別賞

page top