衛星放送協会

衛星放送協会は、協会会員社が提供する有料・多チャンネル放送の啓蒙、普及発展を推進する団体です。

9th 衛星放送協会オリジナル番組アワード

番組部門 中継 最優秀賞

プロ野球ドラフト会議
supported by リポビタンD

スカイA
(株式会社スカイA)
スカイAのプロ野球ドラフト会議中継は2019年で実に21年目。1位指名から最終指名まで会場の臨場感そのままに、徹底した完全中継を心掛けている。長く高校野球中継を続ける朝日放送テレビ系列の総力を結集し、指名が予想される全国約100名の選手VTRを事前に準備。指名直後の喜びの表情に加え、即座にどんな選手なのか分かりやすく情報を伝える。解説はプロアマ野球界の知識豊富なスポーツライター小関順二氏。

作品紹介

プロ野球ドラフト会議の模様を完全生中継。
一巡目指名から12球団の最終指名、さらには育成選手指名まで、すべてをTV中継するのはスカイAだけ!
ドラフトの目玉、一巡目指名重複後の抽選の瞬間、交渉権獲得直後の監督インタビュー、テーブル席での各球団フロント陣の表情。
運命のドラフト会議ならではの手に汗握る緊張感を、スポーツライター小関順二氏、西尾典文氏の詳細な解説とともにお送りします。
全国のプロ野球、アマチュア野球ファンの「見たい!知りたい!」ニーズを徹底的に追求した番組です。
写真提供:野球太郎
作品動画

【審査員講評】 
東京新聞 社会部 記者 宮崎 美紀子 

ドラフト会議は、プロを目指す若者はもちろん、球団とファンにとっても運命を決めるドラマだ。そのドラマは、1位指名とくじ引きだけにあるのではない。
くじを引く手が左手か右手か、阪神の矢野監督が赤いパンツを履いているとか野球ファンしか喜ばない解説が心をくすぐる。下位指名でも名前が挙がった直後にプレー映像が出てくるのも、お見事。中継は実に雄弁だ。普段は表に顔を出すことがない各球団のスカウト陣の緊張と自負に満ちた表情、オーナーと監督のふとした雑談から見える関係性など楽しめる要素がふんだんにある。解説者の指名予測が次々当たるのも小気味いい。こういう番組をファンは求めている。
グランプリ
番組部門 最優秀賞

ドラマ

ドキュメンタリー

中継

教養

バラエティ

アニメ

ミニ番組

編成企画部門 最優秀賞
番宣部門 最優秀賞
CAB-J 賞
過去の衛星放送協会オリジナル番組アワード