衛星放送協会

衛星放送協会は、協会会員社が提供する有料・多チャンネル放送の啓蒙、普及発展を推進する団体です。

11th 衛星放送協会オリジナル番組アワード

CAB-J賞

flumpool × QUICPay コラボレーション企画

スペースシャワーTV
(株式会社スペースシャワーネットワーク)
電子決済サービス「QUICPay」の利用促進を目的に、タイアップアーティスト「flumpool」が主演するオリジナルの冠番組を企画制作して放映。また、番組に先立って関連動画を制作してYouTubeで生配信するなど、ターゲットである若い音楽ファンに向けて多角的にコンテンツ展開。

作品紹介

電子決済サービス「QUICPay」の利用促進を目的に、タイアップアーティストである「flumpool」が主演するオリジナルの冠番組を制作 。アットホームな新年会というテーマで 、 J POP カルタなどのミニゲームに挑戦し、スタッフが用意した罰ゲームで盛りがるメンバー。本編内にQUICPayにちなんだ連動企画を盛り込むことで、番組の面白さを損なうことなくサービスの魅力を訴求。また、本番組の放送に先立って、YouTube用の配信番組や5分番組を展開。Twitter等のSNSを活用したクイズも実施するなど、スペースシャワーTV視聴者以外のファンにもリーチを広げキャンペーン効果を増幅した。flumpoolと QUICPayの魅力を最大限に引き出したオリジナルコンテンツとなった。
 

【審査員講評】 
衛星放送協会 副会長/CAB-J 会長 滝山 正夫

第3回目となった今年のCAB-J賞は、「スペースシャワーTV」が、音楽専門チャンネルならではの強みを存分に発揮した「flumpool × QUICPay コラボレーション企画」が受賞しました。数々のヒット曲やCMソングでもお馴染みの人気ロックバンド「flumpool」を起用し、メンバーがスマホにインストールしたQUICPayアプリを利用して買い物をするという、なにげないバラエティの様な映像を通じて、QUICPayサービスが丁寧に訴求されています。YouTube生配信やSNSを活用した番組への誘導なども組み合わせた、音楽ファンを引き付けるプロモーション展開は、長くアーティストと寄り添ってきた音楽専門チャンネル「スペースシャワーTV」だからこそ実現できた素晴らしい事例であり、ペイテレビの広告利用に大きな可能性を示してくれたと思います。
番組部門 最優秀賞

ドラマ

ドキュメンタリー

中継

文化・教養

バラエティ

ミニ番組

奨励賞(ドラマ)

審査員長賞

編成企画部門 最優秀賞
番宣部門 最優秀賞
CAB-J 賞
過去の衛星放送協会オリジナル番組アワード